氷点下の雪国での暖房対策と凍結防止の工夫

暖炉

我が家は真冬の朝はほぼ毎日氷点下になるところにあります。
そのため、真冬の夜に寝ていると布団から出ている顔が
寒さで痛くて目が覚めてしまうほどです。

もちろん寝るときにはもこもこのあったかパジャマを着て、
靴下をはいて、厚めの羽毛布団を2枚重ねでかけて
寝ています。それでも顔だけはキンキンに冷えて
しまうのです。

我が家には地下室に薪ストーブがあります。
この薪ストーブの効果がものすごく、
地下室が温まるのは当然ですが、
1階と2階の部屋もぽかぽかになるのです。

暖かい空気は上昇することは知っていますが、
これほどまで温まるのかと思うと不思議です。

真冬に注意することといえば、水道管の破裂です。
普通に氷点下になりますから、何も対処していないと
確実に水道管も凍ります。

我が家にはトイレに水道管ようの凍結防止装置が
付いています。この装置のコンセントを忘れずに
入れておくことが必須です。過去に何度か凍らせて
しまったことがあり、朝から昼過ぎまで解けずに
一日何もできずに困ってしまったことがありました。
今年もそろそろ冬支度を始めないといけませんね。

ご意見投稿お待ちしています!!