雪を溶かす方法と除雪後の雪処分方法

雪の塊

雪かきをした後の雪を処分する方法とは

屋根の雪下ろしをしたり、庭や道路の雪かきをした後
その除雪した雪もまた処分しなければなりません。
あまりにも量が多い場合、融雪業者を呼んで処分して
もらうという方法もあれば、なんとか工夫して雪を溶かす
方法もあります。北国のように毎年除雪が必要な大雪
が降る地方であれば、除雪用の融雪槽が用意されて
いたり、融雪剤を用意してしっかりと対策ができて
いるところが多いことでしょう。

しかしめったに雪が積もらない東京や大阪といった
西日本で大雪が降った時の、除雪後の雪の処分方法
は自力で工夫して雪を処分する必要があります。

色付きのビニールシートを雪の塊の上にかぶせる

雪は白い為に、太陽光を反射してしまい、熱が溜まりにくい
弱点があります。その為、除雪後の雪の塊をそのまま
放置しておくのではなく、色付きのビニールシートを
上からかぶせることで、太陽の熱を吸収して、早く溶かす
ことができるのだそうです。例えば黒のポリ袋をはさみで切って
かぶせてみたり、ブルーシートを利用する方法もあるのだ
とか。手軽にできる方法なので試してみたいですね!

雪に水やお湯をかけて溶かす

融雪ホースのように水をかけて無理やり溶かす方法もありますが、
水が凍って固くなり、危険になることもあるので気をつけましょう。
また水道代がかかってしまうというのにも注意しましょう。
近くに川や井戸水があったり、用水路があるのであれば
そういうものを活用する方法もありますね。

融雪

ご意見投稿お待ちしています!!