雪が降るほど寒い日の暖房対策

雪だるま

足元から温めていく方法

寒さを一番敏感に感じるのは足元だと私は思います。
なので最初は靴下→スリッパ冬用→ホットカーペットと、
一気にではなく徐々に切り替えて行くようにしています。
エアコンやヒーターといった、部屋全体を暖めるものは
本当に最終手段にしています。

電気代というのもあるけれど、
私が気になるのは窓の結露なんです!

結露対策方法

以前、新しくしたカーテンが一冬超えたら
下の部分がカビだらけになってしまい、
非常にショックを受けたんですよね…。

暖房効果を上げるため、いつもカーテンは
閉めておいたのですが、これが仇となって
しまったようです。

それからは結露はこまめに拭き、
空気全体を暖める状況は部屋で長時間作業するとか、
友人が来た時などに限るようにしています。

自分一人ならもともと寒さにも強い方だし、
着込んだり膝掛けを使ったりしてしのいでいます。
昼間は仕事でいない訳だし、
問題は帰宅後から寝るまでの間と休日だと思う。

雪が降るほど寒い日の暖房対策とは

湯冷めもしてしまうし、私の場合は練る直前に
お風呂に入っています。暖まってから一気に
布団に行くのが一番だと思うからです。

休日に至っては布団でゴロ寝か、
極端にキビキビ家事をします。(笑)

長時間部屋にいるとやはり暖房は
必要になるので、出掛けてしまう事の方が多かったりします。

ご意見投稿お待ちしています!!